バス内睡眠グッズとは

夜行バスで寝るためのグッズ

バスの中にグッズを持ち込もう

夜行バスの中で快適に寝るには、それなりの準備が必要です。乗る前にきちんと準備をしていきましょう。まず確実に必要になるのはネックピローです。用意しておかないと寝ている間に頭の位置が定まらなくて、起きた時に首が痛くなってしまいます。誰かの話し声が気になったり、少しの光でも気になるという場合は、耳栓やアイピローも持っていきましょう。またバスの中は乾燥している場合が多いのでのどを守るためにマスクは必須です。毛布はついているときとついていない時があるので、事前に問い合わせておきましょう。快適に過ごすためのグッズは必須です。

夜行バスの快適グッズ

夜行バスに乗るときにはちょっとしたグッズがあると安眠しやすいかもしれません。一つ目はアイマスクです。車内は夜間には一応は消灯されますしカーテンも引かれますが、それでも街路灯が目に入ったりすることはよくあるものです。ただし、周囲は見えていませんと周囲に宣言しているようなものですから、貴重品など身の回り品の管理には注意しましょう。さらには、ネックピローがあると首回りが非常に楽で、バス車内で寝るときの簡易的な枕として重宝します。空気式のものもありますので、そういうタイプであれば持ち運びにもかさばりません。

↑PAGE TOP