バスでの安眠アイテム

バスで安眠グッズ使う際のマナー

バス内はマナーを守る

長距離バスを利用するとき、出発から到着までの所要時間がかなり長いことがあります。ずっと起きていると疲れることがありますから、寝て過ごす人も少なくありません。ただ車内には隣や前、後ろに座っている人がいますから、人の気配で眠りにくいということがあります。そんなときは安眠グッズを使うことがおすすめです。ただ安眠グッズをバス内で使うときにもマナーが大切で、枕などを使うときに座席を倒しますが、後ろの人に断りを入れてから倒すようにします。またイヤホンなども音漏れがしないか気を付けたり、靴をスリッパに履き替えるときも靴が隣の人に邪魔にならないように配慮が必要です。

バス車内の快適グッズ

バスに乗車するとき、とくに長距離を乗車するときには、ちょっとしたグッズを用意することで快適さが非常にアップすることもあります。どれも値段的にはたいしたものではありませんし、100円ショップなどでも売っているくらいですから、使い捨てと思っても構わないものも多いです。そのようなバスグッズには例えばスリッパがあります。簡易なものでも、靴を履いていることに比べれば楽さ加減が全く違います。あるいは耳栓というものもあります。エンジン音や走行音など、車内はかなりうるさいものですが、耳栓があるだけで安らぎが得られます。

↑PAGE TOP